2019年 ベストリード(マンガ、活字編)

ベストバイに次いで2019年ベストリード。

例年ならひとつひとつ記事にするところですが、今年は時間もなかったのでまとめて以下に。
面白いものしか挙げていません。



【スポンサーリンク】



部長が堕ちる漫画/中村朝


TWITTERで突如「白件」がブレイクした中村朝氏ですが、個人的には魔王とこの部長が好み。
特に知らず知らず腐の世界に落とされていく小山田部長の愚直な感じが素敵すぎる。
もっと評価されていい一冊。
来年続刊出るそうなので期待。

地獄楽/賀来ゆうじ


不死の薬を求めて蓬莱を旅する死刑囚とお目付役たちの物語。
前半の勢いが素晴らしかったのに、天仙戦辺りから五行の相性とか気のギミックが出てきてトーンダウンしてしまったのが残念。
能力者バトルじゃなくて忍法ですか?!って評価していたんですけどね。
難しいもんだなぁ。

チェンソーマン/藤本タツキ


時間(それと要望と需要)があれば前作ファイアパンチの読み込み記事でも書きたいところですが、それにしてもさすが藤本タツキ氏。
チェンソーマンもどうなるかと思ったらこれまた超展開。
単なるデビルマンもどきで終わるわけないと思ってましたが、これがどこまで展開していくのか。
藤本タツキ氏には好き放題のびのびと書いてもらうのが一番面白いんじゃないでしょうか。

飼育少女1〜3(完)/仲川麻子


結構好きだったんですけど今の時代からすると厳しかったんですかねー。
フィクションをフィクションと取れない人も多い昨今、作中にそういう視点が現れると「え?モラトリアムじゃなかったんだ」とドキッとさせられたりもして。
もっと水生生物ネタ読みたかったなぁ。

古見さんは、コミュ症です。/オダトモヒト


万場木さん....。
誰か二次創作で幸せにしてあげて欲しい。

ダーウィンズゲーム/FLIPFLOPs


祝アニメ化。
Kindleの試し読みで読み始め、気づいたら全巻購入という雑誌社の思う壺にハマって、今や単行本出るたびに即日購入のダーウィンズゲーム。
ジョジョ並みの正当な能力者バトルもので、能力がシンプルな代わりに集団戦があったり、戦術戦略レベルでの駆け引きで展開させたりするのも面白い。
アニメでどこまでやるかわかりませんが期待しとります。

SPY×FAMILY/遠藤達哉


アーニャの呼び方でぽっかぽかを連想するような年齢ですが、さすがにこれはハマった。
本来、スパイとか殺し屋と子供ってのは(血が出るので)相性が悪いはずなんですが、それが上手く転がってる絶妙さ。
遠藤達哉作品は後半ハード目の展開が多いんですが、この作品はアーニャが笑顔のままで終わって欲しいですね。

金剛寺さんは面倒臭い/とよ田みのる


金剛寺さんもひとまず落ち着いた。
恋愛モノっていろんな男女がくっついて離れてするから目が離せないはずなんですけど、ひたすら一途で予定調和で、かつ善人ばかりの世界でこれだけ面白く読ませるってのは素晴らしい。


...で、ここからは活字編。
今年は、ほんとミステリー 読んでないな。

三体/劉慈欣

もう2019年はこれに尽きる。
中華並びにアジア圏の作品が日本に紹介される流れが目に見えて増えてきた。
ブックファーストにも特集コーナーできてましたからね。


魔眼の匣の殺人/今村昌弘


映画公開中「屍人荘の殺人」第二弾は預言者の住む魔眼の匣が舞台。
この「匣」って漢字からも作者のミステリ愛が伝わったり。


短編も出てるんですよね。
こうやって短編だけの単体販売も今どき。

ディオゲネス変奏曲/陳浩基


香港を舞台にした連作短編集「13・67」の陳浩基が書く短編集。
「藍を見つめる藍」が良かったですね。ミステリ独特の風景がガラッと変わるあの感じがある。
「見えないX」は短編だけ単体売りもしているので興味のある方はどうぞ。

それにしても「13・67」を読んでいた当時に今のあの状況は想像してなかったですねぇ。
もし続編が描かれるとしたら今の香港が舞台になるのか...。

息吹/テッド・チャン


テッド・チャンはすごい。
ひたすらすごい。
未読ならともかく読みましょう。


以前出た短編集の「あなたの人生の物語」でもいいですよ、もちろん。
どちらも表題作のクオリティが特にすばらしい。

開業から3年以内に8割が潰れるラーメン屋を失敗を重ねながら10年も続けてきたプロレスラーが伝える「してはいけない」逆説ビジネス学/川田利明


元全日のプロレスラー川田選手が書いたビジネス本、ということで読んでみましたが、プロレスに関しては若手時代にやらなきゃならなかったチャンコに関してなど前半くらいで、そこからはガチでラーメン店「麺ジャラスK」の経営者として飲食業がどれだけ難しいかという実体験を語った一冊。
これはこれで面白い。
長くラーメン屋やってるところはすごいですよ、ほんと。
成功談じゃなく反面教師になりそうな失敗談という「しくじり先生」で取り扱えそうな内容。

ベーシックインカム/井上真偽


「探偵が早すぎる」で有名な井上真偽の書いたSF。
近未来の、ありそうな日本を舞台にしたSFとミステリの融合。
地味だが端正に書かれた一冊と言った印象。

13歳からの世界征服/中田考


Twitterではバカブロックでお馴染みイスラーム学者中田考先生が答える人生相談本。
人生相談ってのは人の相談に乗っているようで自分の思考をさらけ出している、いわゆる深淵を覗くものは〜ってのを地でいくジャンル。
中田先生はイスラームが大元にあるので回答が一貫してんですよね。
「なぜ人を殺してはいけないのですか?」なんて質問にも

人を殺してはいけない理由なんて、どこにもありません。
人は人を殺してもいいんです。日本の法律は殺人を禁止していません。

と言い切ったりする。その通り。
だから通り魔も、裁判で万歳三唱するやつだって登場する。
そんなクズに殺された方はたまったものじゃないですが。
でもじゃあなぜ殺せないか?殺さないか?というところにポイントがあるんですが、まぁそれは試し読みでもしてみたらいいんじゃないですかね。

すごい物理学講義/カルロ・ロヴェッリ


知らずに勢いで買ったんですけど「時間は存在しない」と同じ著者だったんですね。
物理学に弱い自分みたいな読者にお読みやすい科学読み物。
まだ前半なので感想は控えますが今のところ面白い。
学生時代に出会いたかった。

お正月休みで読み切れればいいですが、PS4版のアンセスターズレガシー買っちゃったんですよね。。。
「No Mercy!!!」と独り呟きつつバイキングを操り村を焼き払う年の瀬。
無慈悲で面白いっすわ。

少し早いですが、それでは良いお年を。

アンセスターズレガシー - PS4 【CEROレーティング「Z」】

アンセスターズレガシー - PS4 【CEROレーティング「Z」】

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: DMM GAMES
  • 発売日: 2019/12/19
  • メディア: Video Game