電子立国目指しながらケータイ料金下げる謎理論

www3.nhk.or.jp

菅政権がやたらと携帯料金値下げなんていう、わかりやすい割に実行しても自ら(政府)の懐は痛まない上に、国民生活に大した潤いを生まないことにやたら躍起になっているのを見てなんだかなぁ、と感じる。
携帯料金下げても消費税上げてりゃ世話ないわけですよ。
その前にNHKの受信料とか、無駄な経費とか下げるとこいっぱいありますよね?



【スポンサーリンク】



www.soumu.go.jp

総務省が他国と比較したデータを出してる。
ここの数字を見てもわかるが、日本の料金だけが群を抜いて高いわけでもない。
ヨーロッパ諸国と比べれば料金は高いが、ヨーロッパみたいに接続が不安定かといえばそんなこともない。
サービスが安定していて料金は米の下、韓国と同じくらい。
これが実際なら「高すぎる」ってことはない。
高すぎるってのはサービスが悪い、その割に値段だけが高いって状況ですよ。

これを前提としてもまだ「値段を下げる猶予がある」ってどこから出てきた数字なのか。


とか思ってたら、すまほんさんが

まぁ、順当なことをツイートしてた。
今のキャリアの悪いところってこういう部分であって別に料金じゃないんですよ。
端末代が高くなってきてるのは、Appleサムスンの価格設定ですし。

料金が不満ならMVNOにすりゃいい。
自力でSIMすら変えられない、よくわからない、みたいな人はMVNOにせずにサポートの手厚いキャリアにすりゃいい。
料金って通信費だけじゃなくサポートだって含まれてるわけで。

と思ったら変なのに絡まれてらっしゃる。
こういうこと言うと菅政権の敵ということですか。
へえええええええぇぇぇぇ。
通信系左派とか通信系右派とか出てくるのかしら。

楽天モバイル

楽天モバイルのCMってのはあざといんですよ。
携帯料金は高すぎる!下げて欲しいと思ってる!って連呼してるけど、前提として必要な「繋がりやすい」「安定してる」「サービスがいい」が抜けてる。

首都圏はまだしもそれ以外はほとんどがパートナーエリア。
「携帯料金は高すぎる!」って、その高すぎるキャリアがやってる通信エリアを借りておいて「高すぎる」って言ってんですから。

そもそも値段を下げて欲しいなんて言い出したら月額2,000円だって1,000円にして欲しいし500円にして欲しいし、1円にして欲しいし、できればタダで使いたいですよ。
「値段を下げて欲しいと思ってる」なんて当たり前。
価格は相対的ですから。
しょーもないレトリック。
でもあのCMは政府にとってもいいプロパガンダになってるとも言える。
あれだけ毎日「ケータイ料金は高い」と繰り返されたら高いと思い込むじゃないですか。
そうすれば政府の言うことだって「なるほど!」と受け取りますがな。
まさに官民一体ですね(違

楽天には期待してますけど、現状かなりあざといし、CMのイメージ先行。
小さいものを大きく見せようとするのは戦略としては正しいけれど、それに実質がついていってるのか、と。
CMやイメージじゃなく料金じゃなくシンプルな料金体制と繋がりやすさ、途切れなさ、みたいなサービス面で戦っていただきたいですが、どうですかね。
その辺、今後に期待するしかないわけですが。

先日、旅館の飯が多すぎるとか言ってるおっさんがいましたけど、あれと同じこと。
食事に文句があるなら食事なしのプランにすりゃいいし、食事のないプランでどっかの高級ホテルに泊まりゃあいい。
(あれに関してはビール飲んで食えるわけねーだろとしか思わないわけですが)
選択肢が一つしかないなら高すぎるとかサービスが悪いとかいえますけど、ユーザー側だって選べる自由が十分にある。

例えば通信系の工事業者なんかはドコモ一択なんですよ。
山奥とか電波の繋がりにくい僻地に行くことがザラですから、そういう場所で楽天モバイルなんてまずあり得ない。
SIMロックも解除され、自分にとってどれがふさわしいか選べる現状。
結局、通信なんてまず前提として「自分の行動範囲でつながるか否か」が大前提であって、繋がらなきゃあどれだけ安くても「クソ」って言われる世界。

電子立国

www8.cao.go.jp
なのに政府はsociety5.0とか謳ってる。
でも電子立国ってまず土管(通信)ありきじゃね?

通信速度が上がることによって新たな技術が反映される。
そのために通信を維持しなきゃならない。

維持するのはただじゃない、拡充させるのもただじゃない。
5Gの設備費用は政府が払ってくれるんですかね。
もう、うるさいから電電公社時代に先祖返りして国有化しちゃえばいいじゃないですかね。
ただ、そうなれば料金値下げなんて絶対言わないでしょうが。

フリーWi-Fiだって速度を上げなきゃならない時期に来てるから設備も新しくしなきゃあならないんですよね。
フリーWi-Fiはユーザーにはフリーだけど提供してる側はフリーじゃない。
電気代も設備のショバ代だって発生する。
震災が起きたらWi-Fiだって解放しますけどあれって国に払ってもらってるんでしたっけ?
そんなの聞いたことないですが。


災害が起きました、通信がダウンしました。
調べたら原因は設備の老朽化でした、実は収益が下がったせいでメンテナンスの頻度を下げてました。
その時に責めるべきはどこなんですかね?

政府が言ってることは通信費を下げろとか、MVNOに安く貸し出せとか、もっと下げろとかまだまだ下げられるだろとか。
でも電子立国だの、5Gを進めろだの、諸外国に遅れをとるな、災害への対策を進めて欲しいだとか。
足を引っ張りながら前に進めと。

収益悪化って結局、設備投資に金を回せないとか、首を切らなきゃならないとかロクでもないことしか生まない。

もちろんキャリアに改善すべき点はめちゃくちゃありますよ。
でもそれが政府主導で行われたりするのはおかしいんじゃね?
その前にまず通信会社とスクラム組んで政府周りのIT環境なんとかしようや。

IT化を進めるとかポーズだけで実際はIE必須の相変わらずのロートルIT政府とどこか新しくなったんですかね。
マイナンバーカードをポイントカードにしてセキュア下げまくってる政府がよく言う。

このしわ寄せが果たしてどこに行くのか。
それって数年後にしかわからないし、その頃には菅政権じゃないんでしょうけどね。

もはや5Gで遅れを取るのは目に見えてますが、それって別に通信会社だけのせいでもないかもしれない。
まぁ、逃げ切る人には関係ないんでしょうが。