斜線堂 有紀「楽園とは探偵の不在なり」

楽園とは探偵の不在なり

二人以上殺した者は“天使”によって即座に地獄に引き摺り込まれるようになった世界。細々と探偵業を営む青岸焦は「天国が存在するか知りたくないか」という大富豪・常木王凱に誘われ、天使が集まる常世島を訪れる。そこで青岸を待っていたのは、起きるはずのない連続殺人事件だった。かつて無慈悲な喪失を経験した青岸は、過去にとらわれつつ調査を始めるが、そんな彼を嘲笑うかのように事件は続く。犯人はなぜ、そしてどのように地獄に堕ちずに殺人を続けているのか。最注目の新鋭による、孤島×館の本格ミステリ

一部で話題の今作。
遅ればせながら読んでみました。



【スポンサーリンク】



こういう特殊状況のミステリというのは過去に幾つかある。

山口雅也「生ける屍の死」
死人が生き返る世界で殺人事件が起きる。
誰かを殺しても生き返る世界でなぜ殺人事件が起きたのか?
西澤保彦氏の初期作には特殊状況の作品が多い。
「7回死んだ男」ではループする時間に閉じ込められた主人公が繰り返し殺人事件を防ごうとし、「人格転移の殺人」では精神を入れ替える機械によって殺人鬼の人格が入れ替わる中で犯人を探そうとする話が描かれる。

特殊状況のミステリというのは「物語世界に特殊な設定があり、そのロジックに従い犯罪が行われる」作品。

例えば「瞬間移動死体」
ある超能力者が瞬間移動能力を使い殺人を犯そうとする。
だが瞬間転移には以下のような条件、制限がある。
・泥酔状態でないと能力を使えない
・その場所をイメージできなければ移動できない
・自分に代わり、何か一つ無作為な物体が入れ替わりに移動する

なので「パッと転移して殺しておk」とはいかず、主人公は苦心して殺人計画を練り、しかし、、、というのが筋。


今作の世界には、天使が存在する。
ただしいわゆる美しい天使ではなくツルツルの顔にコウモリみたいな羽根に、といった具合。
ガーゴイルやナイトゴーントみたいなルックス。
しかも特に何かをするわけでもなくひたすら空を飛んでいる。
だがそんな天使も殺人が行われたときはやってきて、殺人者にまとわりつき燃え盛る地獄へと引きずり込む。
ただし二人目、、、一人以上を殺した場合に限って。

そんな天使に狂った金持ちが天使舞う孤島に呼び集められる客。
一癖も二癖もある人物たち。
そこで巻き起こる絶海の孤島殺人事件
特殊状況ミステリだからこそそんな天使の特徴である「二人目を殺せば地獄行き」を利用しながら連続殺人事件を描いてみせる。
二人目を殺せば必ず地獄へ落ちる世界でどうやって連続殺人が起きたのか?

特殊状況ミステリとしても非常に良くできているし、伏線の回収もとてもうまい。
地獄は描かれるのに天国は見えない。
だからこそ天使に対しては嫌悪感しかない。
善を行わない天使とそれを求める人間と。

まだ一ヶ月ほどありますが、年末のミステリランキング上位入りは間違いない一作。