でかいスマホも入るポケットのついたパンツ


まぁ、「ない」ですね。
服飾メーカーからしたら「何、勝手にでかくしてんだよ」「技術が向上したら小さくするのが筋だろうが」ですからね。

随分前に書いた気がしなくもないですが(書きましたが)復習として。
服とポケットについて。

高級

まず高いブランド。
高いブランドの顧客はそもそも荷物を多く持たない層。
或いはジャケットを着ていたりすることを想定している。

パンツのポケットに荷物を突っ込んだりしない。

なので
実用性<<<ファッション性
これは変わらない。

そもそも服についたポケットはあくまで装飾であって実用じゃないんですよ。
ポケットは飾りの意味が強い。

だからデザイナーはポケットに物が入った想定でデザインなんてしない。
歩いた時のシルエットまで考えてデザインした服のポケットになんでモノ入れてんだよ?!っていう。
重くてデカイなんて全然スマートじゃない。

以前、叶姉妹がマツコの番組で「何も入らない小さいバッグ」を紹介してましたが、女性の持つミニポーチは実用性じゃなくて小さく可愛いから持つのであってね。
ポケットに物なんて入れたら型が崩れる、ダメになる。
だから女性の服にはポケットが少ない。

スーツのポケットに物を突っ込みまくれば当然、型が崩れる。
例えばジャケットの胸ポケットに物入れたらスーツが笑ってしまう。
なので財布だって薄い財布が重宝されるし、シルエットに影響しない物を選ぶでしょう。

安価

で、安いブランド。
これは
ファッション性<<<<<<<<<<<実用性
ですからポケットにガンガン入れられる。

服は見た目ではなく使うための道具。
なので「作業着」ともいう。
ガンガン入れれば入れるほどシルエットも崩れるし格好も悪くなる。
でも気にしない。
だって安いし、使い捨ての道具ですから。
肩が崩れたら捨ててまた買えばいい。

そういう服。
なのでデザインに力入れてない。
そういうところのコストを削る分、道具として単価を下げる。

そもそも服に対しての考え方が違う。
特にワーク系やキャンプ系の服は色々入るようになってる。

最近は女性の服でもポケットつけたりしてますけど、あれはカジュアルに使え、実用性を持たせた結果。
なんだかんだ性別問わず荷物多いですからね。

具体例

個人的には、カーゴパンツが1番のおすすめ。
実用性がありつつ、これからのシーズンのアウターも合わせやすい。

ウチにある中で一番ポケットがでかいのはGOLDWINカーゴパンツ
こちらだと10インチのAmazon Fireも入る(試してみた)。
入れないけど。

あと最近、ワークマンの影に隠れてこっそりデザイナーとコラボしたりしてる寅一。
こちらも一見、寅一っぽくないのがポイント。

流石に寅一の顧客はいかつい系なのでデニムだと昔のギャル男とかホストっぽく加工をやりすぎなので、こういうカーゴくらいが使いやすくていい感じ。
これは後ろのポケットが結構でかい。


ライトなキャンパーに流行中のSnowpeakアパレルのTAKIBIカーゴ。
TAKIBIなので火に強い。。。普段使ってて必要な場面は思いつかないですが、例えば燃え盛るビルの中から逃げ遅れたこどをも救い出す時とかパンツは燃えない。
ポケットに入れたスマホも燃えずに済むなんて素晴らしい。

にしても高いなぁ。

TEATORA

そして、高級と安価の間に立つのが最近の意識の高い系の服。
こちらは
実用性<ファッション性
このくらい。
少しお値段は張るが高級でもない。
代わりにオシャレさを失わずに荷物を入れられるよう工夫されてる。

例えばTEATORA

テアトラは、現代クリエーターのためのワークウェアメーカーです。

ボトムスの概念のデザイン。
現代クリエーターをとりまく環境の研究。
人体とワークチェアとの関係性の研究。
これらを洗練させることで、全く新しいボトムスが完成しました。
TEÄTORA

テアトラは見た目シンプルで、隠れた収納がついてる。
なので一見スマートに見える、という服。


ウォレットパンツは荷物の多い旅行者が貴重品を入れられるように工夫されたパンツ。
一見イージーパンツに見えるがポケットがかなり深く作られていたりするのがポイント。
定価だとちょっと高いのが難点か。

MMA

mountain-ma.com

個人的に最近気になってるマウンテンマーシャルアーツ。
いわゆるランニング系、トレイルランなんかのブランド。
なのでポケットが多い。

こちらも実用性主義ですから。
9ポケットパンツ(画像なかったので公式ブログへの直リン)はかなり実用性あり。
トレイルに使うにはちょっと高いかなーとは思いますけど、普段使いならそこそこの値段(二万ちょいくらいなので)。


個人的にはでかいスマホを持ってポケットに入らないってんならウエストポーチだのボディバッグ(スリングバッグ)だの、それなりにモノが入りそうなバッグなんかを準備すればいいと思うのだけれども、「どうしても服のポケットに突っ込みたい!」ならそういう服を準備するしかないのではないかなと思いますけどね。
特にカーゴパンツは気軽に足の横でも後ろでも適当に放りこめてしまうので利便性で一段上。
先のツイにあったサルエルパンツなんてシルエット重視で生地が柔らかいですから、でかいポケットつけたらズルズル。
Y-3とかヨウジとか、それなりの価格帯だとでかいポケットなんてつけないでしょう。

なんだかんだ白衣着るのが一番の気がしなくもない。
でかいポケットついてるし、タブレットですら入るのでね。