povo2.0を軽く試してみた(vol.1)

povo.au.com
昨日、9月29日午前9時より始まったpovo2.0申し込み。
今日、物理SIM届きましたので軽く。

f:id:paradisecircus69:20210930105232j:plain

SIMを切り出し、端末に突っ込んであとはプロファイルをダウンローして接続は完了。
トッピングなしだと128kbpsとか言ってましたが実測は...64kbps?!
遅っ。
いつの時代の速度やねん。

各所で言われてますがpovoのサイトにすら接続できないので、この速度だと追加トッピングもできなくなる。
さすがに公式だけは適用外にしないとWiFIとかない人は詰みますね、これ。
そういうところ、実にauっぽい。

ちなみにウチの部屋は5G NRの範囲だそうでして測ってみたら120Mbpsは出る。
ただWiFiがあるんで自分の部屋には5Gいらないんです...。

5G速度は、そこそこ出ますね。
4Gは、未測定です(本日在宅なので)。

問題は、港区の高層ビルの楽天SIMが完全に死ぬ仕事部屋で果たしてこのpovo2.0が入るか否か。

仮に4Gでも入るならiPad mini6に挿して、このまま180日/60GBのトッピングを購入しますし、楽天と同じく死ぬならそっと0円になるまで死蔵するか、サブ機で使うかという感じ。

f:id:paradisecircus69:20210930134511j:plain
※注 OCNのみデータ専用プラン
こうやって料金を並べるとわかるんですが、UQと大して変わらない速度も出るので環境次第ではpovo2.0が一番値頃感あるんですよね。
代わりに自分でギガ買わなきゃならないとか、そういう部分が端折られてるから安いとも言える。
個人の環境下で、サービスとコストが一番バランスのいいところを探るのもキャリア選びの面白いところ。

ただデータは多くても10GB程度で足りる、5G必要ないというのであればOCNでもいい。
それならOCN光にしてしまって割引適用するのが最良。
ギガを余らせるなら翌月に繰越できるUQも全然アリですが、割引適用しないと価格的にはしんどい。

後の詳細はvol.2で。